TOP > レーシックで失明する可能性は?
後遺症とクリニック・医師の選び方

レーシックで失明する可能性は?

レーシックを含め眼の手術を検討する際に心配なのは、失敗して失明する可能性についてではないでしょうか?

結論からいいますと、手術なので100%とはいえませんが、レーシックに関してはその可能性はほぼないといっていいでしょう。

レーシックで失明した人は今までで0人

少なくとも1990年にギリシャで最初の手術が行われて以来現在まで、レーシックによって失明した人は1人もいないといわれています。

この話を聞くと、ちょっと安心しますよね。

では、失明の可能性がなければ、レーシックに関する失敗事例としてはどんなものが考えられるかみていきましょう。

視力が思ったほど回復しない

最初に考えられるのは、視力が希望どおりに回復しないというものがあります。

「レーシックを受けた人の90%以上が視力1.0以上に」というようなフレーズがよく聞かれますが、視力矯正手術においては、近視の度合いが強いほど手術の効果があらわれにくくなります。その人の元々の眼の状態に左右されるということです。

これはとても残念ですが、本当のことです。

強度近視(-6D)以上の人には、術後3~5%の割合で、視力の回復が得られなかったり、近視の再発(視力の戻り)が起こったりするケースが報告されているそうです。

だから強度近視の人は、その点を理解したうえで手術にのぞむ必要があります。クリニックでもしっかりとした説明をうけてください。

遠視気味になってしまう

他に考えられる事例としては、近視の矯正をしすぎて、遠視気味になってしまうケースがあります。

これは完全に医師の技術不足による失敗だと思われます。

レーシックにおいて重要なのは、レーシックを行う装置とそれを扱う医師の2つの要素です。

次のページからはレーシックの手術後の合併症や問題点について説明させていただきます。