TOP > レーシックの合併症や問題点について
後遺症とクリニック・医師の選び方

レーシックの合併症や問題点について

レーシックは手術の成功率が90%を超えていることからもわかるように、強度近視などの人以外は、視力の回復を実現することが可能な手術です。

しかし、視力の回復とは別に、さまざまな合併症の起こりやすい手術であることも真実なのです。

レーシックの合併症については、命や健康に関わるようなものではなく「眼が乾く」とか「見え方の質が低下する」といった内容のものが多いようです。

「視力が上がっても見え方の質が低下する」ということがあるのです。

レーシック後に発生しがちな問題点についてこれから説明していきます。

ドライアイ

手術中に角膜に切り込みを入れてフラップを作成することによって、角膜にある一部の神経は切断されてしまいます。

そのために涙の供給が手術前よりもスムーズにいかなくなってしまうケースがあります。

これがドライアイの原因です。

もともとコンタクトレンズを長期間使用している人は特に、内皮細胞(角膜の底にある細胞。水分を供給する)の数が減少していて涙の十分な供給が難しくなっていたりするので、レーシック後はさらに眼の乾きを感じるようになるかもしれません。

ドライアイは一定期間が経つと解消されることもありますが、解消されない場合にはクリニックに相談してみてください。

ハロ・グレア

私たちの眼には瞳孔という部分があります。

瞳孔は、鏡を見たときに眼の中心に見える黒くて丸い部分です。

猫ほどではありませんが、人間の瞳孔も大きくなったり小さくなったりと自然に形を変えて視力の調整をしています。

瞳孔は、そこから入ってくる光の量(これが映像になります)を調節するために、暗い場所では広がり、明るい場所では狭まります。

レーシックでは、点眼薬で瞳孔を開いて数値をはかり、手術を行います。

しかし、瞳孔というのは常に大きさが変化していますので、正確な数値をはかって、その数値にしたがってレーザーを照射するということがとても難しいのです。

そのために、レーシックを行って視力が回復した部分が夜間などに瞳孔の開ききった大きさよりもやや小さい場合には、手術前の視力のままの部分からも光が入ってきて、その光がにじんだような映像となります。

これが「ハロ」です。

ハロ

また、この隙間から入った光が角膜の矯正部分の端にあたって乱反射(散乱)するために、ライトなどが眩しく見える現象が「グレア」です。

グレア

手術部分の状態が落ち着くことによって、この現象はやわらいでくる場合もあるそうです。

乱視

乱視

乱視は、角膜のカーブが一定でないことが原因で起こります。

レーシックは、一定のカーブを描いた正常な角膜に、エキシマレーザーを当てて形状を変える手術です。

このために角膜のカーブが多かれ少なかれ変化し、医師の技量によってはカーブに乱れがでて、手術前にはなかった乱視が入ってしまうケースがあります。

※もともと乱視の人には逆に、レーザーを当ててカーブを一定にすることによって、乱視を矯正することができます。

遠視

遠視

近視の人の角膜を遠くまで見えるように矯正するためには、エキシマレーザーを照射することによって角膜の屈折率を変化させます。

この加減を誤ると、近視だった人が術後に遠視気味になってしまうケースがあります。

それを避けるためには、腕の確かな医師選びが重要になります。