TOP > クリニックの対応、インフォームド・コンセントは徹底しているか?
後遺症とクリニック・医師の選び方

クリニックの対応、インフォームド・コンセントは徹底しているか?

クリニックを実際に訪れて検査を受けてみると、意外な事にこちらの質問に対してかなり不親切な受けこたえをする医師も多いそうです。

そういう医師は、何かトラブルが起こったときにも同じように、こちらの疑問点について丁寧に説明をしてくれませんので絶対に避けてください。

レーシックの手術は、今後の一生を決める大事な手術です。

決して妥協はしないでください。

大手のクリニックの中には、月に何度か無料説明会を行っているところもあります。

レーシックに関する不安や疑問点があれば、そういう機会を利用してみる手段もあります。

クリニックのメールや電話の対応で判断する

無料説明会の他には、各クリニックのホームページから直接メールや電話で質問を行うとか、レーシックに関する資料をインターネットから請求してみるとか、いろんなアプローチの方法があります。

ちょっとした事ではありますが、問い合わせに対する対応の速さやスタッフの態度などからも、そのクリニックの姿勢というものは伝わってくるものです。

あと、これは笑い話のようではありますが、私たちがレーシックを受けようと思っているクリニックの医師やスタッフの多くがメガネをかけている、というのはどういうことなのかと考えてしまいます。

(先生によってはすでに老眼がはじまっているため、レーシックが不向きというケースもあるようです)

インフォームド・コンセントが徹底されているか

手術前にカウンセリングを受けたときには、これは当然のことですが医師がインフォームド・コンセントを徹底しているかどうかを確認してください。

※インフォームド・コンセントとは、患者さんが納得・安心して手術を受けられるために、医師が患者さんに対して行う術前説明のことです。

自分の眼の状態に関する説明、手術に関する丁寧な説明、考えられるリスクに対する充分な説明、アフターケアや術後の保障について、手術の費用について、こちらの疑問が完全に納得するまで説明してくれるクリニックが、私たちがレーシックを受けるべきクリニックです。