TOP > エキシマレーザーの性能について
後遺症とクリニック・医師の選び方

エキシマレーザーの性能について

レーシック手術に用いるエキシマレーザーにはレーザーの照射方式が3種類あって、「全照射式」「スリットスキャン式」「フライングスポット照射式」と呼ばれています。

全照射式

全照射式では、直径7mmくらいのレーザーが一様に発射されます。つまり照射は“面状”に行われます。

だから全照射式の装置では、医師がエネルギーに強弱をつけたり、レーザーと角膜の間に専用の医療器具を介入させることによって、レーザーの照射位置や分量を調整していました。

全照射式はこのように取り扱いがむずかしいために、最近では他の方式に取って代わられています。

スリットスキャン式

次に現れたスリットスキャン式では、レーザーは細長いスリット(硬貨投入口のような形)状に照射されます。

全照射式と対比すると“線状”といえます。

スリットスキャン式のレーザーは回転しながら対象を均一に整形します。

さらに、レーザーが全照射式よりも小さいために、細かい調整がより簡単にできるようになりました。

フライングスポット照射式

次に現れたのがフライングスポット照射式です。

これは1~2mmくらいの小さな点状にレーザーを当てることができます。

この装置によって医師がイメージどおりに角膜を矯正することができるようになりました。

レーシック3大クリニック(品川クリニック神奈川クリニック錦糸眼科)が使用している装置はすべてフライングスポット照射式になっています。