TOP > レーシック手術の流れ
レーシックの基礎知識

レーシック手術の流れ

レーシックの手術当日の流れを説明いたします。

コンタクトレンズは一定期間着用を控える

まず、手術を受けるにあたっての注意点ですが、コンタクトを使用している人は、レーシックの手術の3日~3週間前からコンタクトの装用を中止しなければなりません。

コンタクトを中止する期間はクリニックによって異なりますので、医師の指示を守ってください。

ただ、最低でも1週間以上はコンタクトを着用しない期間を設けたほうがいいと思います。

これが理由で手術が上手くいかなかったなんてことになったら悔やまれますからね。

手術の直前までコンタクトをしていると、コンタクトの型が角膜についてしまい、角膜の形状に関する正確なデータが取れなくなりますので、気をつけてください。

レーシックの手術後は入浴などできない

手術後は感染症を避けるためにお風呂やシャワーはできませんので、前日もしくは当日の手術前に済ませておきます。

当日は化粧もしてはいけません。(女性は辛いです…)

これも感染症の予防のためですので、医師の指示を必ず守ってください。

手術前の最終検査

手術当日にも、初診のときと同じような検査が行われます。

これは初診日の検査から角膜に関する数値が変わっていないか、状態に変化がないかを確認するためと、手術に際して最新のデータを集めるためでもあります。

レーシック手術についての説明

手術についての説明があります。質問があれば必ずしてください。

また、この時点で不安を感じれば、中止することも可能です。

レーシック手術がはじまります

レーシックの手術が始まります。

眼の洗浄・消毒


① 眼の洗浄・消毒や麻酔薬の点眼を行います。


開瞼器でまぶたを固定


② 開瞼器(かいけんき)でまぶたを開いて固定します(開瞼器が痛いという人がたまにいます)。そして、イントラレーザーを用いてフラップ(角膜の表面につくるふた)を作成します。

エキシマレーザーを照射


③ フラップを開いて、角膜にエキシマレーザーを照射します(近視の人は角膜をレーザーで削って薄くすることにより、遠くが見えるようになります)。

フラップを戻す


④ フラップを元の状態に戻します(手術箇所の上にふたをした状態になります)。

⑤ 別室で少し休んで帰ります(手術当日は車の運転はできません)。