TOP > アフターケア
レーシックの基礎知識

アフターケア

レーシックの手術後のアフターケアについて説明します。レーシック後は、各種点眼薬、内服薬、保護用メガネなどのアフターケア用品を渡されます。

手術当日は、数時間ごとに目薬をささなければなりません。

保護用メガネは、手術後に眼をこすったり、ゴミやほこりが入ったり、何かがぶつかって傷ついたりするのを防ぐために1週間くらい使用します。

手術当日はお風呂に入れませんし、飲酒・喫煙もできません。

麻酔がきれると多少痛みがでたりするケースもありますので、早めにお休みください。

寝るときには、保護用眼帯を使用します。

レーシックの後は、ドライアイ気味になりますので、数時間ごとに目薬をさすようにしてください(各クリニックの指示にしたがってください)。

翌日検診は必須

手術をした翌日には検診を受けます。これは必須です。まだこの時点では視力が安定せず、落ち着かない感じだと思います。

また、手術時には角膜が吸引される場面がありますので、その影響で術後も白眼の充血が続く場合があります(時間が経つと消えていきます)。

気になることや、どちらかの眼の視力が上がらないといったことがありましたら、担当医に相談してみてください。

1週間検診

1週間後検診を受けます(クリニックによっては、3日後、4日後検診などを行うこともあります)。

1ヶ月、3ヶ月、6ヶ月検診

その後は、1ヶ月後、3ヶ月後、6ヵ月後に検診をうけます。

術後検診の回数は、クリニックによって異なります。また異常が発生した場合は、これらの時期にかかわらず、すぐに診察を受けるようにしてください。

多くの人のレーシックの手術体験談を見聞きしていると、レーシックというのはあらゆる点において、かなり個人差があらわれる手術のようです。

術後の経過についても人それぞれですので、何かあればすぐにクリニックに相談してみてください。