TOP > 効果に関するQ&A
レーシックQ&A

効果に関するQ&A

レーシックの効果についての基本的な質問や素朴な疑問にQ&A形式でお答えしていきます。

レーシックではどれくらい視力が回復しますか?

クリニックのデータによれば、90%以上の人が視力1.0以上を手に入れたとあります。レーシックは比較的成功率の高い手術ですのでこれは事実だと思います。しかし注意すべき点は、レーシックは手術直後にもっとも大きな視力の回復がみられます。クリニックが掲載しているデータは、その最高の瞬間のデータだと思います。それから半年間にわたって視力は揺れ動き、最終的には0.7~1.2くらいのところに落ち着くようです。また、術後もパソコンを使う仕事を続けていると、近視が戻ってくるケースも多いそうです。

レーシックの効果は永久的に続きますか?

レーシックの効果というのは、メガネやコンタクトを裸眼にはめているようなものなので、メガネやコンタクトをしていても近視がすすんでしまうように、レーシックの手術を行っても、パソコンなどを毎日見ていればそこから再び近視がすすむ可能性があります。

手術後に元の視力より悪くなってしまうケースはありますか?

手術後に希望した視力が得られない、1.0に達しないというケースはありますが、元の視力より悪くなったという話はあまり聞きません。強度近視の人ほど、視力の回復が難しくなるというのは事実です。また、手術後に裸眼でコンタクト装着時と同じ視力が出るようになった場合には、コンタクト装着時のほうが視界がクリアに見えるそうです。ほかには、手術後にそれまでになかった乱視が入ってしまうというケースがたまにあります。これは医師の技術不足によるものですから、クリニック選びは慎重に行ってください。

手術後に視力が悪くなったらまたコンタクトができますか?

手術後もソフトコンタクトレンズはできる場合が多いですが、レーシックを受けるとハードコンタクトレンズができなくなってしまうケースがあります。これはエキシマレーザーで平たく削ることによって、角膜の形状がハードコンタクトレンズに合わなくなってしまうためです。