TOP > 適応に関するQ&A
レーシックQ&A

適応に関するQ&A

レーシックの適応についての基本的な質問や素朴な疑問にQ&A形式でお答えしていきます。

角膜が薄いといわれましたが、レーシックはできますか?

レーシックの手術では、角膜をエキシマレーザーで削ることによって視力の矯正を行います。しかし、角膜は当然無制限に削れるものではなく、手術後にある一定以上の厚みを残しておかなければなりません。 角膜の厚さが足りないと、眼圧に負けて角膜がゆがんでしまう恐れがあります。角膜の厚さに関する細かい数値についてはクリニックが把握していますので、相談してみてください。

片目だけでもレーシックは受けられますか?

片目だけでも受けられます。眼に関するトラブルのひとつとして「不同視」というものがあります。これは左右の視力の差が大きい状態をいいます。不同視は、眼精疲労、頭痛、肩凝りなどを引き起こす原因となりますので、その場合は視力の弱い方の目に対するレーシックが有効です。

遠視でもレーシックはできますか?

遠視はレーシックの手術対象となっています。近視の角膜とは違う、遠視用のデザインにしたがって角膜にエキシマレーザーを照射することで、視力の矯正を行います。

弱視でもレーシックはできますか?

弱視でもレーシックの手術は受けられますが、視力の回復はあまり期待できません。というのは、レーシックが手術を施すのはカメラのレンズにあたる角膜なのですが、弱視はイメージを受け取るフィルムの部分(網膜)にトラブルを抱えている状態であり、レーシックの手術では問題を解決することができないからです。

花粉症ですが、レーシックは受けられますか?

花粉症の人も受けられます。でも、花粉症の季節には痒くてついつい目をこすってしまいがちです。そうするとレーシックの手術中につくったフラップ(角膜表面の薄いふた)がはがれてしまう可能性があります。ですから、アレルギー症状が強い人は、花粉症の時期を避けてレーシックを受けたほうが無難かもしれません。

高校生ですがレーシックをしたいです。未成年でも手術を受けることができますか?

レーシックの手術は、日本眼科学会が作成したガイドラインによって、20歳以上の人が対象になっています。理由は2つあります。
① レーシックは手術者のその後の人生を左右する重大な手術です。ですから、手術を受けるに当たっては十分な判断力が求められます。
② 人間の視力が定まるのは20代の後半だといわれています。ですから、高校生で視力の矯正を行っても、そこから再び近視がすすむ可能性が大きいからです。

妊娠中ですが、レーシックを受けられますか?

妊娠中または授乳中の女性は、前項のガイドライン中では「実施が禁忌とされるもの」とされています。理由は、
①点眼薬などの胎児に対する影響が不明なため、
②妊娠中や出産後は視力が不安定になるので、角膜に関する正確なデータが集められないためです。