TOP > イントラレーシックとレーシックの違い
レーシックの基礎知識

イントラレーシックとレーシックの違い

イントラレーシックとレーシックの違い

イントラレーシックは、レーシックよりも新しい術式で、現在の主流の術式となっています。

角膜にエキシマレーザーを照射して、視力回復のための施術を行う点はレーシックとまったく同じなのですが、最初に角膜のフラップ(ふた)を作成する方法がレーシックと異なります。

レーシックでは、マイクロケラトームという装置を使い、金属ブレード(刃)によって角膜の表面をスライスすることで、薄いフラップを作成します。

イントラレーシックの場合は、コンピュータ制御されたイントラレーザーという装置を使ってフラップを作成します。

これは高性能で精密なレーザーですので、マイクロケラトームで作るよりも薄いフラップを作ることができ、切断面もきれいだといわれています。

イントラレーシックのメリットとデメリット

では、レーシックと比べたときの、イントラレーシックのメリットとデメリットは何でしょうか?

メリットは、上に書いたように、より薄くきれいなフラップが作れることです。

フラップが薄いために、もともと角膜が薄くてレーシックが受けられなかった人が、イントラレーシックによって手術を実現させるケースが増えています。

デメリットは、手術費用がレーシックよりもやや高額であることです。

また、最近ではiレーシックや、Zレーシックなど次々と新しい術式がでてきているので、これらと比較すると若干古い印象は否めません。