TOP > ラセック(ラゼック、レーセック、レーゼック)とは?
レーシックの基礎知識

ラセック(ラゼック、レーセック、レーゼック)とは?

ラセックは、「ラゼック」「レーセック」「レーゼック」とも呼ばれる場合があります。

手術はレーシックと同じように、フラップを作成し、その内側の角膜にエキシマレーザーを照射するという流れで行われます。

ラセックとレーシックの違いは?

ラセックとレーシックとの違いは、フラップの作成方法です。

レーシックでは、マイクロケラトームという小型の電動カンナやイントラレーザーを利用して角膜表面に切り込みを入れますが、ラセックでは、その代わりに丸い金型とアルコール溶液を用います。

まず、直径8ミリくらいの金型を使って決定した深さに切れ目を入れます。

次に、その金型の内側にアルコールを入れ、角膜上皮をふやかします。

やわらかくなったら、一部をくっつけたままでフラップを薄くはがしてめくります。

そして、角膜にレーザーをあてて矯正を行います。

ラセックは角膜が薄い人向け

ラセックも、イントラレーシックやPRK、エピレーシックと同様に、もともと角膜が薄くてレーシックが受けられない人に利用されています。

超薄型のフラップは、分裂の活発な上皮細胞によって2週間くらいで新しい細胞に再生されてしまいます。

だから、術後にフラップのずれが気になるような激しい運動をする人には向いています。

ただし、この術式で強度近視を矯正することはできません。

また、アルコールでふやかした角膜にレーザーを照射するということで、精度が低くなる可能性もあります。

アルコールの使用により、術後に角膜混濁が生じるケースもあるそうです。

ラセックもPRK同様、数日にわたって痛みが続きます。

ラセックのメリットは、角膜の薄い人でも手術が受けられること、フラップを作るときの吸引などによる眼の負担が少ないことなどです。

デメリットは、角膜上皮が再生されるときにやや痛みを感じること、視力回復スピードが遅いこと、強度近視の人には向かないこと、角膜混濁発生のリスクがあることなどです。