TOP > フェイキックIOLとは?
レーシックの色々な種類

フェイキックIOLとは?

この記事はレーシックの番外編になります。

フェイキックIOLの「フェイキック(Phakic)」は「有水晶体」という意味で、IOLは「IntraOcular Lens」の略語で「眼内レンズ」という意味です。

合わせて、「有水晶体眼内レンズ」です。

フェイキックIOLは、角膜の整形を行う他の手術とはまったくタイプの異なる視力矯正方法です。

その名のとおり、人工レンズを眼の中にはめこむ術式です。

フェイキックIOLで使われるレンズには、角膜と虹彩の間にはめるタイプや、虹彩と水晶体の間にはめるタイプなどいくつかの種類があります。

レンズの種類によって手術の内容も変わってきます。

フェイキックIOLのメリットとデメリット

一般にフェイキックIOLのメリットは、角膜が薄すぎるためにレーシックの手術を受けられない人や強度近視の人にも視力矯正の手段が与えられるということです。

ただし、これにはデメリットもたくさんあります。

まず、手術費用がレーシックなどに比べて高額です。(両眼で50~100万円)

オーダーメイドのレンズが完成するまでに2~3ヶ月かかるということ。

新しい術式であるために、安全性などに関する十分なデータが得られていないということ。

人工レンズを入れる眼内のすきまは房水と呼ばれる体液で満ちています。

房水の働きは、眼圧の調整を行ったり、眼内の各部に酸素や栄養を運んだりすることです。

レンズを装着することによって、この房水の働きがスムーズに行われなくなることがあります。

それによって白内障や緑内障などが誘発されるリスクがあります。