TOP >  岡田さん 女性(29歳) プログラマーの口コミ体験談
音声で聴く! レーシック口コミ体験談

岡田さん

女性(29歳) プログラマー


「レーシックのおかげで趣味のバイクも楽しんでいます」

手術を受けたクリニック : 品川近視クリニック 東京・銀座(有楽町)院

術式 : 2008年4月にスーパーイントラレーシックを体験

視力度数 : 左右0.02から左右1.5まで回復し安定

※再生ボタンを押すとインタビューが始まります。

レーシック後の見え方の質

見え方の質には特に問題ありません。手術をする前に、ハロ・グレアのことは先生から聞いていて、術後に意識して夜に光を見てみました。でも、「こういう感じか~」といった具合で、気になる程ではありませんでした

レーシックをして良かったと思う瞬間

私はバイクが趣味なのですが、バイクに乗る時以外はメガネをかけていました。バイクに乗る時に、メガネからコンタクトレンズに変えるのがとても不便で、その手間が無くなり、乗りたい時にすぐに乗れるというのが非常に有難いですね。


バイクの時だけコンタクトなのは、ヘルメットがフルフェイスでキツイのでメガネをつけたまま、被れないんです。ヘルメットを被ってから、メガネをつけようとすると、つるが曲がってしまうんです。あとは、ヘルメットを被っていて左右の確認をしたときに、メガネだと、レンズが無い部分で見ることになってしまい、実際、矯正視力で見ることができないんです。


今は裸眼で見えるようになっているので、横とか後とか見るときにも問題なく見えているので、とてもいいです。

デメリットは?

デメリットではないですが、元々あったドライアイはレーシックで治るわけではないので、現在もドライアイ用の目薬は使っています。

どうして品川近視クリニック?

症例数が多さや、口コミで人気のところで手術をしたいと考えていました。そして、インターネットで色々と調べた結果、品川近視クリニックになりました。


他のクリニックも候補にはありました。でも、とりあえず、レーシックの術前適応検査にいってみて、「このクリニックはちょっと…」と思ったら、他のクリニックも行ってみようと考えていました。

品川近視クリニックの印象

クリニックは大きく、患者さんもたくさんいました。スタッフの方も多かったです。当たり前ですが、クリニックは清潔感がありました。それも好感が持てました。

あとは、先生に質問をして、すべて答えてもらえたので、全く疑問や不安はなく、手術に臨めました。

先生への質問

私は仕事で一日中パソコンを使っているのですが、「いつから仕事をフルで復帰していいか?」という事と、「フラップがずれることはないのか?」という事などを質問しました。

仕事については、2日後くらいからと言われました。

フラップに関しては、「目に何かがぶつかったりなどして衝撃があった時はずれる可能性があります。」と言われました。

私は、ずれた場合、自覚症状があるのかどうか聞いたところ、フラップがずれると、すごく見にくくなるので、自覚症状はもちろんあるとのことでした。

術後に左目に炎症が…

術後翌日の検査の時に、左目に炎症がでていました。通常時よりも多めに目薬が処方されました。 術後1週間の検査は、何も問題がなければ、遠方の人の場合は、品川近視クリニックから紹介される地元のクリニックにいきます。私の場合は炎症もでてしまったということもあり、有楽町の品川クリニックにいきました。

その時は院長先生に診てもらいました。


左目は白目の組織が角膜に入り込んでしまっている状態でした。痛みはなかったのですが、洗浄しておいたほうがいいということで、その日にフラップをめくって、角膜を洗浄してもらいました。

左目は、点眼麻酔もしますし、手術当日と同じ流れで(フラップをつくらないというだけで)ほとんど同じ事をしました。

このため、左目だけは手術当日と同じ状態に戻ってしまいましたので、また1週間後にも検査がありました。

その後、炎症は無事に治りました。

手術を決めた一押し

10年くらい前からレーシックには興味をもっていました。やはり、目のことだったので二の足を踏んでいましたところ、夫の姉が去年、神戸クリニックでレーシックをうけたという話を聞きました。

非常に身近な親族がうけたということが、安心感を与えてくれました。これが大きなキッカケです。なので、術前検査を受ける時点で、すでに手術も受けると決めていました。

レーシックを検討している方へ

私は10年くらいレーシックをうけるのを悩んでいたんですが、実際手術をしてみて、すごく快適な裸眼生活を送っています。もし、迷われているならば、とりあえず、術前検査だけでも気軽に受けてみることをおすすめします。

レーシックは人にすすめられて決めるのではなく、自分で決める問題です。とりあえずクリニックに行ってみる事に対してはあまり二の足ふまずにやってみると良いと思います。