TOP >  松木さん 女性(34歳) ジュエリーデザイナーの口コミ体験談
音声で聴く! レーシック口コミ体験談

松木さん

女性(34歳) ジュエリーデザイナー

「先生の『ゆっくり考えてください』という言葉が安心できました」

手術を受けたクリニック : 品川近視クリニック 東京院

術式 : 2007年7月にエピレーシックを体験

視力度数 : 左右0.06からは左右ともに1.5まで回復し安定

※再生ボタンを押すとインタビューが始まります。

物の見え方の質について

日常生活は、「言う事なし」です。快適なのが当たり前になっていますが、仕事でジュエリー製作をする時に、コンタクトを使用していた時よりも、細かい部分が良く見えなくなり、作業の時には、ルーペが必要になりました。新聞を読んだり、携帯電話をみたりするのは問題ありません。ハロやグレアなども全くありません。

エピレーシックの理由

私の場合は角膜の厚みが足りなくて、通常のレーシックはできなかったんです。

エピレーシックは「フラップを作らず角膜を再生させるため、丈夫に治る」と聞き、また、看護師さんが「私が手術をするなら、エピレーシックがいいわ」とおしゃっていたので、安心しました。

エピレーシックは痛いのか?

やはり術後2~3日は痛みがありました。ジ~ンとした痛みです。それと、とにかくまぶしいのがだめで、夜間でも電気をつけられなかったり、パソコンを見ることもできませんでした。

翌日の検診には、一人では行かれませんでした。でも1週間くらいからだいぶ落ち着きましたね。

レーシックのメリット

一番初めに感激したのは、手術が終わった時でした。今までならば、絶対に見えない距離に立っている看護師さんの顔が、術後にしっかりと見えたことです。

痛みがひいてからは、朝起きて、つい習慣でメガネを探したり、「コンタクト入れなきゃ!」と思うのですけど、「あっ!、しなくていいんだ!」と気付くと、とても嬉しかったです。

最近は、外出先でも、今まで見えていなかったところまで良く見えて、感激しています。

デメリットについて

特に思い当たりません。

どうして品川近視クリニック?

クリニックには何度も通院することになるので、通いやすい所ということで品川近視クリニックに決めました。

品川近視クリニックの印象

先生の印象はよかったですよ~こちらの質問もしっかりと答えてくれましたし。手術当日も親切に対応してくれました。

ただ、術後検診の時は、現在の有楽町駅前(イトシア)に移転をして、それからは、名前ではなく番号で呼ばれるようになりました。ちょっと、それにはびっくりしました。

先生への質問

「失敗はありますか?」とか根掘り葉掘り聞きましたが、嫌な顔はされませんでした。目の表面のことなので、失明は無いといっておりました。あとは、私の場合はエピレーシックだったので、術後の痛みや視力の安定に時間がかかるなど、そういった説明が多かったです。

手術とアフターケア

特に問題はないですね。

手術を決めた一押し

先生からは、「ゆっくり考えてみてくださいね」と言われました。このまま勢いでやらなかったら、きっと後悔すると思ったので、手術の予約を入れて帰りました。

レーシックを検討している方へ

まずは、検査をして手術が受けられるかどうかを確認して、それから納得できるまで先生に聞く事です。あとは、一歩を踏み出す勇気をもってください。